群馬弁護士会 会長挨拶


群馬弁護士会は、群馬県内に法律事務所を持つ弁護士が加入している法定団体です。
県民のみなさまがかかえる様々な問題のために身近な法律の専門家として活動しています。

会長挨拶

群馬弁護士会 平成29年度会長
釘 島 伸 博

会長に就任して

  ごあいさつ

県民・市民が気軽に相談できる役に立つ弁護士,そして弁護士会を目指します。
社会に多発する様々な問題を適切に処理するために,「法的思考」「論理的思考」の訓練を受けたプロフェッショナルである弁護士が問題処理に関わっていくことは,弁護士の使命であり,社会にとっても極めて有用であることから,地域住民の弁護士へのアクセスをより良くしていきたいと考えています。
 そのために,まず行政,特に地方自治体との連携をより一層深めていき,災害対策(県),空き家対策(各市町村)等にとどまらず,他の数々の地域社会に多発する法的トラブルを,できる限り弁護士及び弁護士会に吸い上げられるよう,各委員会を中心に弁護士会全体として関わっていく所存です。
 また,今日の高齢化社会において,増え続ける高齢者問題への対策として昨年度から始まった県内金融機関との連携によるホームロイヤー制度研究会等を本年度も引き続き発展充実させていくととともに,社会における様々な法的問題,例えば,中小企業の事業再生や,事業承継,さらに廃業,債務整理等で,より積極的に弁護士を役立ててもらうべく,地域金融機関のみならず,新たに群馬県中小企業団体中央会や群馬県事業引継支援センター等との連携をも図っていき,地域経済の活性化の一翼を担いたいと考えています。











群馬弁護士会会長

20170401-2.jpg